威海概要
威海都市名誉

全国文明都市

国家衛生都市

国家庭園都市

国家環境保全模範都市

中国優秀観光都市

国家森林都


全国軍民融合都市

「国連ハビタット」受賞都市

「中国人間環境」受賞都市

中華環境賞

全国健康モデル都市

国家食品安全モデル都市


国家農産品安心安全都市

中韓FTA地方経済協力モデル区

国家サービス貿易革新発展モデル都市

国家レベルの越境EC総合モデル区

山東半島国家自主革新モデル区


了解更多

威海船舶设计中心项目

威海船舶设计中心项目

了解更多

威海船舶设计中心项目

威海船舶设计中心项目

了解更多

投資ガイド

プロジェクトmore>>

情報技術

アシアナ精密電子

プロジェクトの概要  このプロジェクトは栄成市港西鎮工業園区の南西部に位置し、敷地面積は約34ムー、土地所有権があり、総建築面積は6300平米、地理的にも優れ、交通の利便性に優れ、2004年に建設された。2018年7月に不動産有限公司に売却されたが、現在は新事業を行っていない。
詳細

機械製造

竜威不燃ボードプロジェクト

 プロジェクトは乳山市経済開発区恵州路北、海口路西に位置し、敷地83.6ムー、その中の60.64ムーはすでに土地証を発行された。建築面積は15911平方メートル、新型環境保護用酸化マグネシウムボードの防火装飾板の生産と販売に従事して、前期の建設会社の資金チェーンが切れたため、設備を購入することができなくなり、工場は遊休している。
詳細

医薬・医療機器

大美瑞成薬業プロジェクト

 大美瑞成製薬プロジェクトは文登区環山工業園デハン路10-1号にあり、敷地面積は91ムー、すでに土地証明書を取り扱っており、総建築面積は20000平米である。獣医薬原料薬の生産作業場を新設する予定であったが、このプロジェクトは化学工業類に属しているため、環境保護の規制を受け、専門化学工業団地に定着することになった。そんため、当プロジェクトは保留になり、他のプロジェクトへの切り替えが取り組まれている。
詳細

新エネルギー・新素材

威海集能

 威海ができる事業は文登区葛家鎮工業団地に位置し、敷地面積100.3ムーで、土地使用権を取得し、遊休面積4500平方メートル、最大の高さ9メートル。has been approved. The idle area is 4500 square meters and the maximum height is 9 meters.
詳細

海洋バイオ・健康食品

三条魚電子商取引プロジェクト

 プロジェクトは文登経済開発区登営鎮金洋路21号、天福山藍海産業園内にあり、敷地は43.3ムー、総建築面積は18500平方メートルである。2014年に資金問題により建設が中止された。
詳細

商業・貿易物流

海潤糸業プロジェクト

 海潤糸業プロジェクトは乳山市紡織染整工業園海河路にあり、プロジェクト計画総面積210.94ムー、利用土地面積134ムー、用途は工業用地とされ、現在、土地使用証に許可された面積は75ムー、建築面積27605.32平米、最大建築高さ15メートル、2009年1月にシルク生産プロジェクトは停止した。
詳細

ヘルスケア・観光

ハイアール・原乡37℃プロジェクト

 同プロジェクトは文登区葛家鎮(309線以南、沢省道西方で総面積2491ムー、建築面積25935.7平方メートル、大英温泉资源を中心に区域を総合開発し、ホテル、入浴、养生レジャーを統合した不動産開発、ここを休暇、温泉、养生、高齢者ケアなどの概念を一体化させた风情町。
詳細
産業パーク

カーボンファイバー産業パーク

 威海臨港経済技術開発区に位置し、計画面積は約2.44平方キロメートルで、地域の特色ある産業の優勢、業界を照準した高度な計画を策定して建設した現代産業団地で、国家の炭素繊維及び材料産業基地として位置づけし、国家のカーボンファイバー技術革新センターを設立した。

詳細

新エネルギー(自動車)技術産業パーク

乳山経済開発区に位置しており、計画の敷地面積は10.69平方キロである。新エネルギー車の精密部品生産エリア、新エネルギー車の電池・モーター・電子制御システム生産エリア、新エネルギー車生産エリアや地熱、風力エネルギー、太陽光エネルギー生産エリアの四つのエリア、それに研究開発センター一つが設けられている。新エネルギー車産業と新エネルギー・インテリジェントという二つのブロックに焦点を当て、部品生産会社の立地促進に力を入れている。これが、乳山「3+3」産業システムの強化にもつながっていくと想定される。

詳細

医療器械とバイオ医薬産業パーク

威海ハイテク産業開発区技革新シティーに位置し、敷地面積は18平方キロで、医療器械とバイオ医薬産業を中心に発展している。全体の園区が完成した後に、各種の建築面積は500万平方メートルに達して、産業規模は2500億以上に達する見込みである。建設済みエリアには既に威高グループ、海博像素、康博尔生物など60余りの企業が入ている。建築面積400万平米であり、作業員2.5万人を超えた。

詳細

電子情報及び智能製造産業パーク

威海市高新区科技革新シティーの南部に位置し、企画敷地面積は11平方キロである。園区は「科学技術をリードし、コアを製造し、中国製造2025モデル基地を作り上げる」という位置づけで、主にOA、電子情報、知能製造と海工装備などのハイテク産業を発展させている。建設済みエリアは新北洋、海富光子、遠航科学技術、信ノ威などを代表とする25社の企業がすでに運営に投入され、産業規模は100億元に達しました。

詳細

海洋ハイテク産業パーク

威海(栄成)海洋ハイテク産業パークは栄成市南部の沿海に位置し、総面積は37平方キロメートルで、そのうち陸地は17平方キロメートル、海上は20平方キロメートルと計画している。パークは2015年12月に第7陣の国家農業科学技術パークを承認され、 2019年10月に科学技術部の検査を経て、中国北方の唯一の海洋生物科学技術産業専門パークと認定された。海洋機能食品、海洋生物新材料、スマート海洋工業設備、海洋情報技術、海洋生物化粧品、海洋生物健康食品、海洋生物医薬、海洋資源取引プラットフォームなどを導入する計画である。

詳細

サービス貿易産業パーク

威海市が国家サービス貿易革新発展モデル都市政策の追い風に乗り、全国17のモデル都市や地域に先駆けて、サービス貿易モデルパークとして当パークを築き上げた。パークは威海経済技術開発区の一等地に位置しており、敷地総面積は34ヘクタールで、建築総面積は126万平米である。サービスアウトソーシング、ソフトウェアのスプレッド・開発、電子商、情報や通信技術を主な方向として、新情報、スマート研究・開発、モノのインターネット、サービスアウトソーシング、電子商、情報技術などをメインとした近代的サービス業を促進し、東北アジアのサービス貿易産業クラスターの構築に力を注いでいる。

詳細

グラフェン産業パーク

国家戦略山東半島ブルー経済区における重点海洋経済新区の一つである南海新区に立地している。中心地域は竜海東路の東、現代路の北、玉澤路の南、竜泰路の西に位置し、敷地総面積は2.2平方キロである。パークの建設工事が順調に進められ、道路、水道、電気、暖房や通信などのインフラ設備がすでに完備されている。

詳細

国際物流多方式複合輸送センター及び関連施設産業パーク

威海市文登区に位置しており、計画の敷地総面積は約507ヘクタールで、物流機能区と関連施設産業区という二つのエリアに分けられている。物流機能区の面積は約50ヘクタールで、コンテナ区、粗大や梱包貨物区、蔵置区や税関監督管理区などを備えている。他方、関連施設産業区の面積は460ヘクタールで、周辺にある竜山工業団地、環山工業団地、新素材産業パークなどの関連施設を考慮に入れながら産業パークをレイアウトしている。当パークの企業誘致の方向性として、大規模な輸出入製造企業、農産品コールドチェーン物流関連、保税蔵置物流関連、越境EC関連、物流のハブ施設などの企業が望まれている。

詳細

威海国際新材料産業パーク

威海国際新材料産業パークは環翠区委員会、区政府が市域一体化発展戦略の実現に向け、取り組んできた「二次発展」を柱とする新材料産業集積区である。計画総面積は55平方キロで、うち、羊亭地域内の計画面積は36平方キロである。

詳細

越境ECイノベーション産業パーク

威海総合保税区に位置しており、計画の敷地面積は約67ヘクタールで、越境EC産業発展エリアと生活関連施設エリアに分けられている。全モデルの越境EC監督管理センター、国際速達の一次仕分けセンター、電子商蔵置センター、電子商創業センター、電子商製品の保税展示販売センターや越境EC総合サービスプラットフォームからなる「五センターに一プラットフォーム」の構築に注力している。

詳細
都市風貌